善玉菌を増やすためには

便秘を改善するために善玉菌を増やしたいと考えている方もいますが、今まで通りの生活を送っているだけで善玉菌を増やすことは難しくなります。増やせる方法としてはオリゴ糖を摂取することです。

オリゴ糖は善玉菌のエサであるとされています。つまり善玉菌の栄養分です。栄養分を与えることで善玉菌は増えて、善玉菌が増えると当然悪玉菌が減ることになります。そのため、現在ではオリゴ糖は注目されている栄養分であり、ペットフードなどでもオリゴ糖が配合されている商品が販売されています。

オリゴ糖を摂取して善玉菌を増やすことができれば便秘の改善だけでなく、癌予防などにも効果があるとされています。癌は世界で恐れられている病気の一つで、実際に日頃から検診を受けて検査してもらっている人も少なくありません。もし、悪玉菌が増えれば癌になるリスクが高くなるとされており、オリゴ糖を摂取して善玉菌を増やせば、便秘だけでなく、がん予防に効果があるとされています。

もし便秘で悩んでいる方は同時にがん予防なども行うことができるので、日頃の生活でオリゴ糖を摂取することを検討されてみてはいかがでしょうか。通販などでも販売されているので、購入することは難しくありません。

悪玉菌と善玉菌の影響

便秘と悪玉菌には深い関係があります。悪玉菌とは、大腸菌やウェルシュ菌などの腐敗菌群の総称です。そのため、活発に悪玉菌が活動すればするほどその分、有害なガスを発生させることになります。この有害のガスの中にはアンモニアや硫化水素などの成分が含まれており、これらの成分は悪臭がすることで知られています。当然、有害ガスは悪玉菌が増えれば増える程多く排出されるので、その分有害ガスを腸内で蓄積していまう可能性があります。

この有害ガスが溜まることでお腹の張りなどを感じることもあります。また、この有害ガスが原因で腸の動きを妨げることになりますが、便を押し出す力が弱くなり、便秘の症状になってしまう可能性があります。そのため、悪玉菌の増加は便秘に繋がる可能性があるとされています。

一方で善玉菌を増やすことで悪玉菌が減るということを先程お伝えしました。そのため、善玉菌を増やすことで便秘を減らすことができるので、悪玉菌だけでなく善玉菌も便秘と関係があるのです。そのため、便秘で悩んでいる方の中には悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすように努力をしている方も既にいます。悪玉菌を減らしたい方の中には一体どのように善玉菌を増やせばいいのかわからない人もいるのではないでしょうか。

善玉菌と悪玉菌と便秘の関係性

腸内には様々な菌がいます。その中には人体に悪影響を与える菌と、良い影響を与える菌があります。周知の通り、その菌とは悪玉菌と善玉菌です。日本人の中には善玉菌を増やし、悪玉菌を減らして腸内を健康に保とうと努力している人は少なくありません。悪玉菌と善玉菌は増えたり減ったりします。例えば悪玉菌が増えれば善玉菌の数が減り、逆に善玉菌の数が増えれば悪玉菌は増えます。悪玉菌が増える理由は主にストレスや運動不足、冷え性など様々な原因が挙げられます。今ではストレスを感じることなく生活ができる人は少ないです。ストレスは悪玉菌を増やすだけでなく、ストレス過多に陥ると精神面にも悪影響を及ぼす可能性があります。では悪玉菌が増えるとどのような悪い影響が出てくるのでしょうか。

悪玉菌が多くなるということはその分、腸内の機能が低下します。例えば女性の中には普段からスキンケアをしている人もいますが、悪玉菌が増えることで肌荒れなどを引き起こす可能性もあります。また、頭痛や冷え、肩こりなど現代人が抱えている症状の原因になります。当然腸内の悪玉菌が増えることで機能低下により便秘になる可能性もあります。現在では便秘に悩む人も少なくありませんが、善玉菌と悪玉菌には便秘と深い関係性があります。

もし便秘で悩んでいる方の中には腸内に悪玉菌が多いのではないかと思われた方もいるでしょう。今回は善玉菌と悪玉菌が便秘にどのように関係をしているのかを紹介します。