善玉菌と悪玉菌と便秘の関係性

腸内には様々な菌がいます。その中には人体に悪影響を与える菌と、良い影響を与える菌があります。周知の通り、その菌とは悪玉菌と善玉菌です。日本人の中には善玉菌を増やし、悪玉菌を減らして腸内を健康に保とうと努力している人は少なくありません。悪玉菌と善玉菌は増えたり減ったりします。例えば悪玉菌が増えれば善玉菌の数が減り、逆に善玉菌の数が増えれば悪玉菌は増えます。<悪玉菌が増える理由は主にストレスや運動不足、冷え性など様々な原因が挙げられます/span>。今ではストレスを感じることなく生活ができる人は少ないです。ストレスは悪玉菌を増やすだけでなく、ストレス過多に陥ると精神面にも悪影響を及ぼす可能性があります。では悪玉菌が増えるとどのような悪い影響が出てくるのでしょうか。

悪玉菌が多くなるということはその分、腸内の機能が低下します。例えば女性の中には普段からスキンケアをしている人もいますが、悪玉菌が増えることで肌荒れなどを引き起こす可能性もあります。また、頭痛や冷え、肩こりなど現代人が抱えている症状の原因になります。当然腸内の悪玉菌が増えることで機能低下により便秘になる可能性もあります。現在では便秘に悩む人も少なくありませんが、善玉菌と悪玉菌には便秘と深い関係性があります。

もし便秘で悩んでいる方の中には腸内に悪玉菌が多いのではないかと思われた方もいるでしょう。今回は善玉菌と悪玉菌が便秘にどのように関係をしているのかを紹介します。