悪玉菌と善玉菌の影響

便秘と悪玉菌には深い関係があります。悪玉菌とは、大腸菌やウェルシュ菌などの腐敗菌群の総称です。そのため、活発に悪玉菌が活動すればするほどその分、有害なガスを発生させることになります。この有害のガスの中にはアンモニアや硫化水素などの成分が含まれており、これらの成分は悪臭がすることで知られています。当然、有害ガスは悪玉菌が増えれば増える程多く排出されるので、その分有害ガスを腸内で蓄積していまう可能性があります。

この有害ガスが溜まることでお腹の張りなどを感じることもあります。また、この有害ガスが原因で腸の動きを妨げることになりますが、便を押し出す力が弱くなり、便秘の症状になってしまう可能性があります。そのため、悪玉菌の増加は便秘に繋がる可能性があるとされています。

一方で善玉菌を増やすことで悪玉菌が減るということを先程お伝えしました。そのため、善玉菌を増やすことで便秘を減らすことができるので、悪玉菌だけでなく善玉菌も便秘と関係があるのです。そのため、便秘で悩んでいる方の中には悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすように努力をしている方も既にいます。悪玉菌を減らしたい方の中には一体どのように善玉菌を増やせばいいのかわからない人もいるのではないでしょうか。